スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【日産リーフのメーターはすごい】  

いよいよリーフライフが始まりました。

女性から見る嬉しいママポイントなど発見していこう!!

…と意気込みモニターしているわけですが…。


いやいや!

その前に車に詳しくない私でも「へぇ~!!」

…なんて感心するリーフならではの設備や機能があるんです。

こちらの方もご紹介しなくては…!









というわけで!

今回はリーフのメーターについてご紹介します。


P7071005_20120711152707.jpg






ハンドル上に二つのメーターがあります。

LEAF_039_s.jpg


上にあるメーターからご紹介すると、

スピードメーター…はわかりますよね^^

そのほか左にあるのがエコインジケーター。

エコインジケーター

これはエコドライブを心がけるようになる表示なんですが、

上の表示はエコドライブになってません^^;


…というのは、

index_img_08.jpg
(※日産リーフHPからお借りしました!)

このような表示でエコドライブができているか評価されるからです。

ちなみに私はエコツリーを3本まで生やした事があります(笑)

やっぱりエコツリーが増えるとモチベーションが上がります^^




お次はその下。

情報

右側にある白い○で囲った表示は、

バッテリーの容量計とバッテリー残量計。

あとどれくらい走れるのかこれを見ればわかります。

これってすごく見やすいです!!

わかりやすいのは安心でした☆



中央に何やら情報表示があります。

P7071010.jpg

この表示は

この時点で100%充電するのにかかる充電時間が表示してあります。

この場合だと200Vの方なので「4時間半」充電すれば満タンなのがわかります。


この情報表示はこちらで切り替えることができます。

P7081022.jpg




表示可能な情報は充電時間や「電費」、各種ウォーニング、タイマー充電の確認画面などなど。
PicMonkey Collage


ちなみに「バッテリー残量低下」などの警告画面もこちらに表示されるんです。

この警告画面についても後でご紹介しますが…

いろんな情報がこのディスプレイで目で確認できるので本当に便利です。




目で見てわかる情報と言えば…

やはりナビ!!

ま~このナビで私はまたまた

「おぉーーっ!!」

…と感心するわけなんですが…(*^_^*)

このナビについては次回にご紹介します☆



電気自動車のさまざまな疑問を解消できるページがESSE webにあります☆

ご興味ある方はぜひ見てくださいね♪



それから以前頂いたご質問ですが、

「雨の日、屋根のない屋外での充電は可能ですか?」

まさに我が家のカーポートは屋根がありませんでした。

雨が降るとわかっている日は充電は控えました。

でも充電している夜中に突然の雨が降ってきたらどうしよう??と思っていました。

以下が日産サイトからお答えです^^

日産リーフは充電ポートは水が溜まらないように水抜き構造を、

また充電ポートやコンセント等は防水仕様を採用し、

雨の日でも安全に充電できる防水対策をとっています。

ただし、感電や漏電を防止する為に次のことに注意してください。

ぬれた手でプラグを抜き差ししない。プラグや充電コネクターをぬらさない。

万が一、プラグや充電コネクターがぬれてしまったときは、

布などで水分を拭きとる。

また暴風雨や雷が予測される中での充電はお止めください。



水と聞いてもう一つ気になる事が!

大雨や台風で気になるのが冠水道路。

冠水道路を走行するのはしたくないけど仕方ない時もありますよね…^^;


こちらに関しても…

冠水路走行等の実験をおこない、

万が一浸水するような場合でも、

感電や漏電が起こらないように設計しています。


…とのことです^^




  
  いつも応援クリックありがとうございます!
  今日もお帰りの際にポチっとして頂ければ嬉しいです♪

      ブログランキング・にほんブログ村へ


    プラチナバッジ

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naporitan1126.blog130.fc2.com/tb.php/226-fc82204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。